映画「雨に唄えば」感想・レビュー!ジーン・ケリーがイケメン過ぎた。

映画「雨に唄えば」感想・レビュー!ジーン・ケリーがイケメン過ぎた。

こんにちは、しょーへーです!

あぁ、大学のテスト疲れた。なんかポカァンと観てられる映画ないかな。

そうや!ミュージカル映画だったらなんも考えずに観られる!「雨に唄えば」観よ!(唐突)

とゆうことで、ジーン・ケリー主演の「雨に唄えば Singin’ in the Rain」を観たので、今回は映画の感想を書いていこうと思います。

「雨に唄えば」ジーン・ケリーがイケメン過ぎた。

映画のあらすじ

まずは、映画を全く観たことがないという人のために、ざっくりとしたあらすじです。

サイレント映画全盛の時代、俳優ドン(ジーン・ケリー)と大女優リナ・ラモント(ジーン・ヘイゲン)はドル箱の映画スターであり、大スター同士のカップルともてはやされていた。しかし実際は、リナが一方的にドンに惚れているだけであった。そんな中、ドンは駆け出しの女優キャシー(デビー・レイノルズ)と恋仲になってしまう。

やがて長編映画として世界初のトーキー「ジャズ・シンガー」が大成功をおさめたことにより、ハリウッドにトーキーの波が押し寄せる。

そこで彼らの映画会社では、当時作りかけだったドン&リナのサイレント映画を無理矢理トーキーにすることに決定。しかしながら、トーキーのノウハウを知らなかったことに加え、一番の問題はリナが致命的な悪声の持ち主であったために映画の試写会は散散な結果に終わる。そんな映画を公開したら俳優人生が崩壊してしまうと危機を感じたドンとその親友コズモ(ドナルド・オコナー)、キャシーの三人は映画をミュージカルに作り替えることを思い立つ。あとはリナの声をどうするのかが問題だったが、コズモのアイデアでキャシーがセリフも歌も全て吹き替えることになる。こうして撮り直しは順調に進むが、吹替を知ったリナは、怒りと嫉妬から契約を盾にキャシーを自分の吹替専門担当にして表に出られないようにしてしまう。

引用元:Wikipedia

まぁ、あらすじは正直至って普通です。(笑)

ミュージカル映画なので基本的に歌って踊るシーンがメインですね。

時代としては、映像に合わせて声が出てくるというトーキー映画が出現。それまでの無声映画からトーキー映画に変わるタイミングでのお話です。

私は1997年生まれなので、生まれた時から映画に音がついてるのは当たり前だったのですが、こんな時代があったのですね。

昔はこんなに苦労して音を映画に入れてたのか。

今はスマホひとつで、この時代よりもよい映像が撮れる。時代の進歩ってすごいですね。。

ジーン・ケリーの魅力が盛りだくさん!

すいません、話が逸れました。笑

そして、全体的な感想としては
「ジーン・ケリーか完璧すぎる。。」

神は人に二物を与えない。とか言うけど、あれ嘘だわ。

踊れて、歌が上手くて、イケメンで、演技が上手くて。
なんだこの人完璧かよ。

基本的にこの映画、この人の魅力で成り立ってます。笑

タップダンスはもちろん上手いのですが、タップだけじゃなくて、手の動きだったり、立ち振る舞いだったり、すべてが美しいんです。

それに加えて、芯がある力強い歌声。
これはスターになるわけだわ。納得。

映画「雨に唄えば」のおすすめポイント

ドナルド・オコナー

あんまり深く考察することもないので、この映画のおすすめポイントをお伝えしていこうと思います。

まずは、ジーン・ケリーの相棒役のドナルド・オコナー

この映画、ジーン・ケリーに目が行きがちなんですけど、この人もすごいんです。

「Make ‘em laugh」
という曲が出でくるんですけど、この時のオコナーがすごい面白いんです!笑

動きがとにかくコミカル!!人間ってこんな動きできるんだって!

ます、表情!人間でもこんなアニメみたいな表情できるんだ…

まるで「トムとジェリー」を観ているかのようでした笑

歌も普通に上手いんですけど、自分は動きだったり表情だったりが好きでした。

土砂降りの雨の中でジーン・ケリーが踊る代表曲よりも個人的におすすめのシーンです笑

Singin’ in the Rain

後はやはり、この有名なシーン。

土砂降りの雨の中で恋する相手への想いを歌う場面ですね。

まず、土砂降りの雨の中でも濡れることを気にせず歌っちゃうくらい気持ちが浮かれてるっていう設定がすごい好き。

多分誰しも一度はある経験だと思うんですよ。
好きな相手と結ばれて嬉しい、楽しいみたいな。

自分も高校時代は好きな女の子からLINEが帰ってくるだけでこんな感じに浮かれてましたww

後は告白して、オッケーもらった帰り道とか。笑

多分その瞬間の私だったら、雨の中でも濡れるの気にせず歌って踊れたと思います。笑

とにかく、このシーンは皆さん自身の恋の想い出とかを思い出しながら観ると面白いですし、心が暖まります。

あと、豆知識なんですけど、このシーンで使われる水には実は牛乳が含まれているみたいです。

透明な水だと上手く映像に映らないから、白色を加えるために牛乳を混ぜたらしいです。

こんな華やかなシーンですけど、現場はもしかしてめちゃくちゃ臭かったのかもしれませんね笑

タップダンスもおすすめ!

この映画、めっちゃタップ踊ります!!

ララランドでタップダンス出てくるとか言っておきながら、20秒くらいなくせに、この映画だと10分くらいはタップダンスのシーンが入ってます。

タップダンスをやったことがある人はステップに注目すると面白いと思います!

ウィング、マキシフォード…知ってる技がいっぱいでてくる!
ジーンケリーもオコナーも、足が長くてスタイルがいいからまぁ踊りが映えますよね。
(自分もこんな足の長さが欲しかった。)

王道のミュージカル映画!

いかかがでしたでしょうか。

ミュージカル映画の感想を文字に起こすのってやっぱり難しいですね笑

「百聞は一見にしかず」

特にミュージカル映画は自分の目でみてこそ色々な表現や想いを感じることができると思います。

DVD以外にも、今だとUーNEXTでも「雨に唄えば」を観ることができます!

申込はこちらから!
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!