タップダンスに年齢は関係ない!実は健康にとても効果的なダンス!

タップダンスに年齢は関係ない!実は健康にとても効果的なダンス!
「タップダンスって何歳までできるの?」
「タップダンスって健康に良いの?」
今回はこんな悩みを持つあなたに対して、タップダンスの適齢期タップダンスが身体に与える影響についてお話します!

タップダンスに年齢は実は関係ない!!

激しい動きがないタップダンス

皆さんはタップダンスと聞いてどのような印象を持つでしょうか?

そう、おそらくタップダンスと聞いて、誰も「激しいダンス」とは答えないと思います!

もうこれはその通りです!(笑)
決してストリートダンスや、ヒップホップほどタップダンスには動きがありません。

しかし、タップダンスはそこまで激しい動きがない分、何歳になっても楽しむことができます!

93歳まで踊り続けたダンサーもいる!?

「Ernest ‘Brownie’ Brown 」という世界的に有名なタップダンサーは93歳で亡くなってしまったのですが、彼はその年齢までタップダンスを踊り続けました。

そんな高齢でも第一線でタップダンスを踊り続けることができる

飛び技という動きが激しい技を入れずに、動きの少ないステップを使って動いたり、椅子に座って踊るチェアタップダンスを踊ったり、、、
タップダンスには色々なスタイルがあるため、何歳になっても楽しむことができます。

実際私が通っているタップダンスの教室でも生徒さんの年齢は様々です。
幼稚園生から70代の方まで、幅広い年齢の方がタップダンスを楽しんでいます。

タップダンスは実は健康によい!?

健康に良くかつ続けやすい!!

タップダンス、実は身体に良いんです
健康に気を遣っている方にはぜひとも一度挑戦してみて欲しい!!

ではなぜ健康に良いのか!?

・足腰や体幹が鍛えられる!
まず始めの理由としてやはり、足の筋肉を鍛えられるということが挙げられます。
タップダンスでは、普段の生活では絶対にすることのない動きをするため、普段の生活では鍛えられない筋肉も鍛えることができます!

また、姿勢を維持することだったり、片足でバランスを取ることも多いため、背筋腹筋体幹など、身体の軸となる部分も同時に鍛えることができるのです。

・他のダンスよりも頭を使う!
そう、タップダンスって実は頭をめちゃくちゃ使うんです。
振りを覚える際は他のダンスは大きく分けても、上半身、下半身の動きを覚えれば十分です。

しかしタップダンスの場合は違います。
上半身、下半身という普通のダンスの動きに加えて、奏でられる音のリズムも覚えていかなければいけません。

つまり覚えることが3つになるのです!
自分もタップダンスのレッスンを受けた後はいつもへとへとです(笑)

つまり他のダンスよりも頭を使わなければいけないため、記憶力の向上や、ボケ防止につながります。

高齢者の方にタップダンスは特におすすめ!

タップダンスは高齢の方でも楽しむことができるダンスであることに加えて、健康にもかなり良いです!
「ほどよい強度の運動がしたい!」
「健康のためにも体を動かしたい!」

という方にはタップダンスを強くおすすめします!